沿革

沿革

1989年9月 通信機器、電子電気機器及び装置の製造と販売を開始。
2001年4月 IT化の流れに伴い情報処理サービス分野に進出。受託ソフト開発を始める。
2002年6月 ソナーソフトの受託開発を始める。
2005年9月 TV会議システムの開発に着手。
2006年8月 無線通信向けシミュレーターの開発に着手。
2007年3月 次世代コミュニケーションシステムを開発し、納品。
2007年7月 タイムカードシステムを構築し社内にて稼働。
2007年12月 太陽光発電計測システムPC部ソフト開発に着手。
2008年4月 日本大学工学部(郡山)産官学連携知財センターとの交流を開始した。
2010年4月 太陽光発電計測システム機器のPC部ソフト開発を行い、納品。
2012年5月 スマートフォン向けアプリ「e+シリーズ」開発について経営革新計画にかかわる承認を受ける。
2012年7月 e+観光鎌倉江ノ島版サービス開始。
2015年9月 スマートフォン向け商品(Android向け「ちょこNavi」ベータ版)のモニター募集。